1級FP過去問解説(応用)2019年1月【問55】投資指標

【第2問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問54》~《問56》)に答えなさい。


 Aさん(40歳)は、将来に向けた資産形成のため、上場株式と投資信託への投資を行うことを検討しており、X社株式およびYファンド・Zファンドに興味を持っている。また、投資信託への投資については、「つみたてNISA」を利用してみたいと考えている。
 そこで、Aさんは、ファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。X社の財務データ等は、以下のとおりである。

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

《問55》《設例》の〈X社の財務データ〉に基づいて、①X社の平成30年3月期の自己資本当期純利益率と②X社の平成30年3月期のインタレスト・カバレッジ・レシオを、それぞれ求めなさい。〔計算過程〕を示し、〈答〉は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入し、小数点以下第2位までを解答すること。なお、自己資本当期純利益率の計算にあたって、自己資本は平成29年3月期と平成30年3月期の平均を用いること。



[正解]
5.45(%) ② 12.17(倍)

[解説]

①自己資本当期純利益率(ROE)
・当期純利益は、「親会社株主に帰属する当期純利益」にある2,600百万円となるため、あとは自己資本を求める必要がある。
・自己資本は純資産の部全額を指すこともあるが、本問のように、新株予約権と非支配株主持分(少数株主持分)が示されている場合は、これらを除いた額が自己資本となる。
 よって、各期の自己資本は、「純資産の部合計-新株予約権-非支配株主持分」で求める。
・当期純利益は、年間通した利益の合計であることから、自己資本も期末の金額ではなく、2期の平均を用いるのが一般的である。平成29年3月末期の自己資本は平成29年4月の自己資本でもあるため、平均値を使用する。
\begin{align*}
&自己資本当期純利益率=当期純利益÷自己資本(2期平均)\\
&=\frac{(51,000百万円-700百万円-3,000百万円)+(52,000百万円-800百万円-3,000百万円)}{2}\\
&=47,750百万円\\
&\frac{2,600百万円}{47,750百万円}×100\\
&=5.445・・・%\\
\end{align*}
よって、5.45(%) となる。

②インタレスト・カバレッジ・レシオ
・インタレスト・カバレッジ・レシオは、企業の金利負担能力を測るための指標である。年間の事業利益である、営業利益・受取利息・配当金が、金融費用である支払利息・割引料の何倍かで示し、倍率が高いほど金利負担の支払い能力が高いと判断される。
\begin{align*}
&=\frac{(営業利益+受取利息+受取配当金)}{支払利息+割引率}\\
&=\frac{(7,000百万円+100百万円+200百万円)}{600百万円}\\
&=12.166・・・倍\\
\end{align*}
よって、12.17(倍)となる。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (評価はまだありません)
読み込み中...