1級FP過去問解説(基礎)2019年1月【問21】資本資産評価モデル(CAPM)

《問21》 資本資産評価モデル(CAPM)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、β(ベータ)値は1より大きく、安全資産利子率はゼロではないものとする。

  1. 資本資産評価モデル(CAPM)によるポートフォリオの期待収益率の算出にあたって、安全資産利子率は、一般に、当該ポートフォリオに組み入れる資産の過去の平均収益率を用いる。
  2. 資本資産評価モデル(CAPM)におけるβ(ベータ)値は、市場全体に対するポートフォリオのアンシステマティック・リスクを測定した値である。
  3. ポートフォリオのβ(ベータ)値が、同じ市場を対象とする他のポートフォリオのβ(ベータ)値の2倍である場合、資本資産評価モデル(CAPM)により算出されるポートフォリオの期待収益率も2倍となる。
  4. 資本資産評価モデル(CAPM)によれば、同じ市場を対象とする2つのポートフォリオを比較した場合、β(ベータ)値が大きいポートフォリオのほうが、市場全体の変動の影響をより大きく受けるため、ポートフォリオのリスクが高いといえる。


[正解]  (適切)

  1. 資本資産評価モデル(CAPM)によるポートフォリオの期待収益率の算出にあたって、安全資産利子率は、一般に、当該ポートフォリオに組み入れる資産の過去の平均収益率を用いる。
  2. [解説]
    資本資産評価モデル、いわゆるキャップエム(CAPM)は、証券の期待収益率(経営者から見ると株主資本コスト)を算出するための理論の一つである。
    (計算式)
    証券の期待収益率=安全資産利子率+β✕(市場ポートフォリオの期待収益率-安全資産利子率)
    安全資産利子率は、リスクフリーレートとも呼ばれ、リスクがゼロかほぼない資産の利回りを指し、一般的に10年物国債の利回りを用いる。株式が安全資産とは言えないことに気づくだろう。

  3. 資本資産評価モデル(CAPM)におけるβ(ベータ)値は、市場全体に対するポートフォリオのアンシステマティック・リスクを測定した値である。
  4. [解説]
    アンシステマティック・リスクは、個別銘柄リスクで、個別企業の業績などで発生し、分散投資で軽減することが可能なリスクである。一方、システマティック・リスクは、市場リスクのことで、市場全体が影響を受け、分散投資で回避できないリスクである。資本資産評価モデルにおけるβ(ベータ)は、市場全体の変動に対する個別証券の変動の感応度で、市場ポートフォリオ(株式市場全体)のβ値は1となる。βが1超なら株式市場より個別証券の値動きが大きく(感応度が高く)、1未満なら株式市場より個別証券の値動きが小さく(感応度が低く)なる。リスクのうちアンシステマティック・リスクは十分な分散投資を行うことでゼロとすることができ、その場合、システマティック・リスクのみ残ることになる。つまり、資本資産評価モデル(CAPM)におけるβ(ベータ)値は、市場全体に対するポートフォリオのシステマティック・リスクを測定した値である。
    もう少し具体的に説明すると、A業界(市場)のβとB業界(市場)とではβ(ベータ)値が異なる。これは業界(市場)によって、為替、金利、原材料価格等の変動による影響力が異なるためである。反面、同じ業界(市場)であれば影響力は似るはずである。この為替、金利、原材料価格等の変動によるリスクがシステマティック・リスクである。

  5. ポートフォリオのβ(ベータ)値が、同じ市場を対象とする他のポートフォリオのβ(ベータ)値の2倍である場合、資本資産評価モデル(CAPM)により算出されるポートフォリオの期待収益率も2倍となる。
  6. [解説]
    計算式は、証券の期待収益率=安全資産利子率+β✕(市場ポートフォリオの期待収益率-安全資産利子率)である。安全資産利子率を1%、市場ポートフォリオの期待収益率を4%とすると、β=1のとき、期待収益率は、4%ととなる。同じ市場を対象とするため、β以外の数値を固定し、β=2とすると、期待収益率は7%となり、2倍にならない。

  7. 資本資産評価モデル(CAPM)によれば、同じ市場を対象とする2つのポートフォリオを比較した場合、β(ベータ)値が大きいポートフォリオのほうが、市場全体の変動の影響をより大きく受けるため、ポートフォリオのリスクが高いといえる。
  8. [解説]
    β(ベータ)値は、市場全体の変動に対する個別証券の変動の感応度で、β値が高いほど、値動きが大きくなるためリスクが高くなる。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (評価はまだありません)
読み込み中...