1級FP過去問解説(基礎)2019年1月【問18】株式の制度信用取引

《問18》 株式の制度信用取引において、保有するA社株式2,000株(1株当たり時価2,500円)と金銭200万円を担保として差し入れ、B社株式(1株当たり時価4,000円)を新規に売建てする場合、売建てが可能な最大株数として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、株式担保の代用掛目は80%、委託保証金率は30%であるものとし、手数料等は考慮しないものとする。

  1. 4,000株
  2. 4,500株
  3. 5,000株
  4. 5,500株


[正解]  (適切)

[解説]
代用掛目とは、信用取引する際、委託保証金(委託証拠金)として、代用有価証券を現金の代わりに用いた場合の現金換算比率のことである。また、委託保証金率は、委託保証金の約定代金に対する割合のことである。委託保証金は、約定代金の30%以上と定められている。
・代用有価証券と現金の担保評価額を求める。
 2,500円×2,000株✕0.8+200万円=600万円
・必要な委託保証金
 600万円÷0.3=2,000万円
 ※つまり、600万円で2,000万円の取引ができる。
・売建て可能な最大株数
 2,000万円÷4,000円=5,000株
 ※1株4,000円の株式を2,000万円で購入すると何株購入できるか求める。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (評価はまだありません)
読み込み中...