1級FP過去問解説(基礎)2019年1月【問9】生命保険会社の健全性・収益性に関する指標等

《問9》 生命保険会社の健全性・収益性に関する指標等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 保有契約高は、保険会社が保障する金額の総合計額であり、個人年金保険については、年金支払開始前契約の年金支払開始時における年金原資の額と年金支払開始後契約の責任準備金の額の合計額となる。
  2. 基礎利益は、保険会社の基礎的な期間損益の状況を表す指標であり、経常利益から有価証券売却損益などの「キャピタル損益」と危険準備金繰入額などの「臨時損益」を除いて算出される。
  3. ソルベンシー・マージン比率は、保険会社が有する保険金等の支払余力を表す指標であり、内部留保や有価証券含み損益などの合計である「ソルベンシー・マージン総額」を保険リスクや予定利率リスクなどを数値化した「リスクの合計額」の2倍相当額で除して算出される。
  4. EV(エンベディッド・バリュー)は、保険会社の企業価値を表す指標であり、貸借対照表などから計算される「修正純資産」と保有契約に基づき計算される「保有契約価値」を合計して算出される。


[正解]  (不適切)

  1. 保有契約高は、保険会社が保障する金額の総合計額であり、個人年金保険については、「年金支払開始前契約の年金支払開始時における年金原資の額」「年金支払開始後契約の責任準備金の額」の合計額となる。
  2. [解説]
    生命保険会社の業況を判断する指標に、保有契約高や新契約高と呼ばれるものがある。団体保険を含む死亡保険は死亡時の支払金額等の総合計額となるが、個人年金保険は、年金支払開始前契約の年金支払開始時における年金原資の額と年金支払開始後契約の責任準備金の額の合計額、団体年金保険は責任準備金の額となる。死亡保障のない医療保険は含まれておらず、他社との比較では留意しなければならない。なお、保有契約高や新契約高を保険の種類ごとに細かく公開している保険会社もある。

  3. 基礎利益は、保険会社の基礎的な期間損益の状況を表す指標であり、経常利益から有価証券売却損益などの「キャピタル損益」と危険準備金繰入額などの「臨時損益」を除いて算出される。
  4. [解説]
    生命保険会社の基礎的な期間損益は、保険料収入や保険金・事業費支払い等の保険関係の収支と、利息及び配当金等収入を中心とした運用関係の収支で構成される。これを基礎利益というが、基礎利益は「経常利益-キャピタル損益-臨時損益」で求める。キャピタル損益は、有価証券の売却損益や為替損益など、臨時損益は再保険収入や再保険料、貸倒引当金戻入額や貸倒引当金繰入額などが該当する。

  5. ソルベンシー・マージン比率は、保険会社が有する保険金等の支払余力を表す指標であり、内部留保や有価証券含み損益などの合計である「ソルベンシー・マージン総額」を保険リスクや予定利率リスクなどを数値化した「リスクの合計額」の2倍相当額で除して算出される。
  6. [解説]
    ソルベンシー・マージン比率は、保険金等の支払余力を表す指標で、「ソルベンシー・マージン比率(%)={ソルベンシー・マージン総額÷(リスクの合計額×1/2)}✕100」で算出する。仮に、支払余力とリスクの合計額が同じ(ピッタリ支払える状態)で、支払余力をリスクの合計額で割れば、1(100%)になるはずである。リスクの合計額に1/2を乗じているため、ソルベンシー・マージン比率200%が基準となっている。例えば、支払余力が5,000億円、リスクの合計額が5,000億円ならピッタリ支払余力があることになるが、ソルベンシー・マージン比率で算出すると200%になる。200%が基準であることを知っていれば、リスクの合計額の2倍ではなく、1/2することが分かるだろう。

  7. EV(エンベディッド・バリュー)は、保険会社の企業価値を表す指標であり、貸借対照表などから計算される「修正純資産」と保有契約に基づき計算される「保有契約価値」を合計して算出される。
  8. [解説]
    EV(エンベディッド・バリュー)は、「修正純資産」(貸借対照表上の純資産の部の金額に修正を加えたもの)と「保有契約価値」(保有契約から発生する将来の税引後利益の現在価値)の合計であり、保険会社の企業価値を表す指標となる。EV(エンベディッド・バリュー)において、保有契約から生み出される将来の利益も考慮されるため、法定会計を補完する有効な指標と考えられている。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (評価はまだありません)
読み込み中...